Amazonアソシエイト商品リンクをWordPressプラグインで見栄え良く貼る!

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトのリンクを貼っているけど見づらい。もっと、見栄え良く商品リンクしたいなぁ。という方におすすめのです。
WordPressプラグインを導入することで、通常よりの商品リンクよりも見やすくすることができ、且WordPress投稿画面で商品リンク作成でき、時間短縮にもなります。

一石二鳥なプラグインですので、ご紹介します。

どう見やすくなるのか?

Befor

WordPressプラグインを導入する前は商品リンクのHTMLコピペ。

これでは少し小さくて見にくい。

画像だけ貼るとこうなる。

アフィリエイトリンクか画像かわかりずらい。
値段もどんなものかもどこで購入できるのかもわからない。

テキストのみの場合。
世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生
商品名ははっきりとわかるが、やはり値段や購入先の情報がない。

こういった、アフィリエイトリンクには欠点があります。
商品を紹介するならやはり、たくさんの人に見て知ってもらいたいものです。
では、いったいどうするのか?

After

WordPressプラグイン導入後は、こんな感じになります。

Beforの商品リンクでは、少し見ずらいという欠点がありましたが、プラグイン「Amazon SJ」をインストールすることでこんな感じに変わります。
商品名、商品の写真、出版日、値段など、1つのリンクで詳しく説明できるようになります。
このように、情報が乏しいものより、情報が豊富な方が読者に興味を持ってもらえるポイントが増えるのです。

WordPressプラグイン導入とちょっとした設定をしたら、後は簡単にリンクすることができるようになります。

Amazon JSプラグインのインストール

設定 → プラグイン → 新規追加 → 「amazon js」を検索 → プラグインインストール → 有効化
Amazon JS 1

設定からamazonJSが表示されていることを確認。
Amazon JS 7
このプラグインを使うには、Prodacto Advertising AipのアクセスIDとシークレットIDが必要になります。

 

 

アクセスキーIDとシークレッIDーの取得

プラグイン設定画面、アクセスキーIDの画面の上に「ここ」となっているリンクをクリックします。
クリックしたらこのような画面をが出ます。アカウント作成をクリック。
Amazon JS 10
この画面が出たら、Amazonアソシエイトを登録済みの場合は、そのメールアドレスを入力。
持ってない場合は、使いたいメールアドレスを入力。新規の場合は「I am a new customer」にチェックしてサインイン。Amazon JS 11

必要事項を入力。ここの欄はすべて、半角英数字で住所や必要事項を入力。

英文にできない場合は、Google翻訳を使うとスムーズにできます。
Amazon JS 9
下の方に行ってキャプチャ画像を入力次の画面へ。
登録が完了したら、「Manage Your Account」をクリック
amazonjs API取得1

click hereをクリックamazonjs API取得2

そしたら、このような画面が出るのでチェックをいれて左側をクリック。amazonjs API取得5

登録したメールアドレスでサインイン。
amazonjs API取得3

サインインしたらこのような画面が出ます。

Access Keysをクリックしたら、下のの様な画面が表示されます。

スポンサーリンク

create New Access Keyをクリック。
amazonjs API取得7
クリックしたら、赤枠のところがアクセスキーIDとシークレットアクセスキーIDになります。
Amazon JSプラグイン設定画面に戻り、キーの入力。
amazonjs API取得10
あとは、amazon.co.jpのIDを入力するために、Amazonアソシエイトにログイン。
PC左側に○○○-22というIDがあると思うので、それを入力。プラグインの設定は終わりです。

Amazon JSの使い方

使い方も簡単です。
まず、投稿画面に、amazonのロゴが出ていると思います。
そこをクリックします。
amazonjs 使い方1

クリックしたら、こういった画面がでるので作りたい商品リンクを検索。
紹介したい商品を選択。
amazonjs 使い方2
選択したら、こういった画面が出ます。
チェックを入れることで好きなリンクを作ることができます。
デフォルトでも、特に問題はありません。
amazonjs 使い方3
選択したら挿入。
ショートコードが追加されますので、これが商品リンクになります。
リンクの設定の仕方は以上です。

amazonアソシエイトから商品を探さなくても投稿画面からリンク作成できるようになるので、記事作成時間も短縮することができます。

警告!キャッシュディレクトリの書き込み権限取得

プラグインの上に警告画面が出ていた場合は、FTPを使って簡単に消すことができます。

このブログのサーバーはロリポップを使っているので、ロリポップFTPで設定しました。ロリポップ以外の方は、コチラを参考にしてください。
WordPressでアマゾン・アソシエイトを簡単設定!Amazon JSプラグイン | EasyRamble
設定の仕方は、ロリポップのユーザー情報画面からロリポップ!FTPにログインします。
キャッシュディレクトリ作成1
ログインしたら、警告画面のように、
「wp-content」に入り、新しいファイルを作っていきます。
キャッシュディレクトリ作成4

「wp-content」のファイルに「cache」のファイルを作ったらその中に「amazonjs」のファイルを新しく作成します。
キャッシュディレクトリ作成5
「amazonjs」までファイルを作成したら、プラグイン画面で警告画面が消えていれば設定は完了です。

ロリポップFTP以外をお使いの方はこちらを参考にしてください。

リンクが開かない時の対処法

こういう表示が出てきれいに表示されないということが、別のブログで発生しました。
amazon JS 表示されない

対処法はコチラに書いてあります。難易度はちょっと高いようです。

AmazonJS の商品画像がぐるぐる回って表示されないときの対処法 | キャリコ

潔く諦めるのも一つの手かもしれません。
このブログのテンプレートSimplicityの「わいひらさん」がBabyLinkという簡単にリンクを作成できるツールを開発されています。

リンクはこんな風にできます。
コチラを使ってみるのも良いかもしれません。

ご購読ありがとうございました。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です