ブログ運営では登録必須!Googleウェブマスターツールの登録方法

スポンサーリンク

前回の記事でGoogle XML sitemapsのプラグインを使ってXMLサイトマップを生成しました。今回は、XMLサイトマップをGoogleウェブマスターツールに登録を行います。

個人的に、無料で有料な機能だと思うので簡単に登録できるので是非やっていただきたいです。

ad4faa93569106d54689a5a603edc524_m

なぜ登録する必要があるのか?

サイトやブログを運営する中でアクセスをアップさせるには、どういうキーワードでホームページに流入しているか分析する必要があります。

日本で使われているほとんどの検索エンジンはGoogleとyahoo!JAPANです。yahoo!JAPANでさえも現在は、Googleの検索エンジンを使用しています。検索エンジンのからアクセスを求めるとなると必須のツールとなってきます。

Googleウェブマスターツールでできること

サイトマップの登録

これは、当たり前かもしれませんが、サイトマップの登録ができます。前回の記事で紹介してるのでXMLサイトマップはできていますよね。

サイトマップを登録することでより早く、クロールしてもらえるようになります。

クロールのエラーの確認

サイトを作っていくと凡ミスをしてページが表示されないなど、404などエラーページが出てきます。

それを教えてくれるサイトでもあります。エラーページが多いとSEO的にもサイト事態に悪い評価を与えます。

なるべく早い段階で気づき改善することができます。改善方法も表示されるので助かる機能です。

インデックス・リンク状況の確認

記事を投稿してインデックスされているか確認することができます。新しく記事を投稿した場合は、「Fetch as Google」でURLを送信することでクローラーに更新しましたと知らせ、クロールしやすくしてもらうことも可能です。

ウェブマスターツールでは、リンク状況を内部リンクのみならず外部リンクのリンク状況を確認することができます。

検索されたキーワードの分析

「検索のクリエ」で、検索エンジンにサイトが表示されたりクリックされたりしたデータ分析をすることができます。

どのキーワードでどれくらいのクリック率でどれくらいのアクセスがあるのか?詳しく分析することができます。

SEOを効率よくするには、必須のデータです。

登録方法

Googleアカウントを取得しているものとしてご説明します。

Googleウェブマスターツールのサイトにアクセスします。

取得したGoogleアカウントでログインします。

下の画面のようにサイトを追加したいサイトのURLを入力し続行をクリックします。

1Gweb

登録の仕方はほかにもありますが、個人的に一番簡単だと思うやり方です。

スポンサーリンク

画面が表示されたらおすすめの方法ではなく、別の方法選択します。

HTMLタグを選択すると埋め込みコードが表示されます。
Gweb2

テンプレートsimplicityの場合

このブログと同じテンプレートの場合は、
管理画面 → 外観 → カスタマイズ
Gweb3
このような画面が表示されたら下の方にスクロールしアクセス解析をクリック
先ほど取得した、ウェブマスターツールIDを入力して保存

ウェブマスターツールに戻り確認をクリックし正常に作動していることを確認。

simplicity以外の場合

simplicityテンプレート以外の場合は、
管理画面 → 外観 → テーマの編集 → ヘッダーPHP

Gweb5

Googleウェブマスターツールのmetaタグ全体をコピーして3行目あたりにあるの次の行にmetaタグを貼り付けます。

貼り付けたら下の方にスクロールしファイルの更新をクリック。

ウェブマスターツールに戻り確認をクリックし正常に作動していることを確認。

Gweb6

ここまでで、Googleウェブマスターツールの登録は完了です。

サイトマップの登録

ついでに前回プラグインで作ったXMLサイトマップまで簡単なので登録しておきましょう。

先ほどの画面の続行をクリックします。

Gweb7
  1. 画面左クロールをクリック
  2. サイトマップをクリック
  3. サイトマップの追加/テスト
  4. sitemap.xmlと入力(site-mapなど変更している場合は、変更後を記入)
  5. サイトマップを送信

前回XMLサイトマップを作ったものを登録できました。

Googleウェブマスターツールの登録は以上です。
お疲れ様でした(*^_^*)

次回は、Googleウェブマスターツールの使い方についてご説明します。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です