Google XML Sitemapsでサイトマップ生成しクロール速度を高速化をしよう

スポンサーリンク

サイトマップは、サイト自体を検索型ロボットがクローラーがサイトを巡回するとき見やすくするものです。

プラグインを使えば簡単に作成することができます。Google XML Sitemapsのプラグインを使えばたった5分でXMLサイトマップを生成することができます。

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_m

なぜ、サイトマップは必要か?

新しく立ち上げたサイトは、コンテンツ数も少なくサイトの評価も低いものです。サイトの評価が低いページにはなかなか検索型ロボットにクロールされません。検索エンジンに表示されるには、この検索型ロボットにクロールされて初めて検索エンジンにインデックスされます。

 

2種類のサイトマップ

サイトマップは、2種類あります。それは、ユーザー用のサイトマップと検索エンジンクローラー用のサイトマップです。

 

大手のサイトやページ数が多いサイトはユーザー用のサイトマップが作られています。ページ数が多くなるとどこに何を書いてあるかわかりやすくするために作成するものです。リンク付きのURLばかりのページを1度は見たことがあるのではないでしょうか?それがユーザー用のサイトマップページです。

 

今回のサイトマップ生成は、検索エンジンクローラー用を作成します。クローラー用のサイトマップは、URLのまとめに変わりはありませんが、形式がXML形式となるだけでユーザー用のサイトマップと変わりはありません。

 

プラグインをインストールすることで知識はなくとも簡単に生成できるのでご安心ください。

サイトマップ生成した場合のクロール速度の違い

サイトマップ生成は、SEO面でも重要な役割を果たしていきます。サイトマップは、クローラーを巡回させやすく道しるべを作ってあげるということで、そのサイトは好まれるようです。
クローラーが巡回したからと言って確実にインデックスされるものではありません。

サイトマップ送信したときと送信しなかったときとのインデックススピードははるかに違います。
以下のデータはhttp://moz.comのサイトでデータ検証してあります。

スポンサーリンク

サイトマップを送信しなかった場合
1334095656_34f58498b3ce3d99e72f90265f517951
サイトマップを送信した場合
1334095656_e1a959ec6311213ef2dbcc416ace7e6c

このように、クロールするまでの時間は明らかにサイトマップを送信したときが早くなっています。
このクロール速度を高速化するためにサイトマップを作成します。

プラグイン Google XML Sitemapsのインストール

  1. ダッシュボードのプラグイン新規追加をクリック
  2. Google XML Sitemapsを検索
  3. インストールをクリック
1

インストール完了したらプラグインを有効化をクリック
2

設定→XML-Sitemapをクリック
4

サイトマップ生成されていることを確認。
ここのURLがあなたのサイトマップになります。
5

設定はデフォルトで何も触らなくても設定はできています。簡単でしょ?

XMLサイトマップができたら次のステップGoogleウェブマスターツールに自分のサイトを登録しましょう。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です